日誌

2019年10月の記事一覧

講演会「AIとこれからの未来について」を実施しました

10月24日(木)3年生(4、5、6組)のLHRで、(株)ユニバーサル・ロジックの石原潤一さんを講師に迎えて「AIとこれからの未来について」ご講演いただきました。

石原さんは、埼玉県の旧上福岡市の出身で、2016年に(株)ユニバーサル・ロジックを設立し、ロボット制作を通じて科学の楽しさを教える「ロボット科学教育クレファスふじみ野校を設立し、学習塾形式で子供たちにプログラミングを教えておられます。

日本では、2020年からプログラミングが義務教育に導入されますが、世界からは大きく後れをとっており、日本におけるAIのドーナツ化現象の穴を埋めるべく、ロボット教室を開いたとのこと。

ドラえもんとのび太くんのようにロボットと人間が一緒に生活する日は来るでしょうか?の問いに何年か後の未来を想像しましたが、実は2015年にペッパーくんが登場し、そんな生活はすでに始まっていると知り驚きました。AIの学習スピードに人間は遠く及ばないことも・・・。

講演では、AIがどのように学習し、進化していくのか実例を示してわかりやすく教えていただきました。これからの移動方法がどうAIに置き換わっていくかの説明では、教室で実際にドローンを飛ばしていただきました。搭載されたカメラで映し出された自分たちの姿に生徒からは歓声が上がりました。

この中に「ユーチューバーになりたい人は?」と質問されました。ユーチューバー、一人ひとりは「テレビ放送局を持っているのと同じ」と石原さんは言います。

どんなにAIが進化しても、人には及ばないものは「人を思いやる気持ち」と石原さん。ご自身の恩師とのエピソードにふれ、「皆さんも先生やお世話になった人たちへの気持ちを大切にしてください」と講演を締めくくりました。

0

English Lunch!

毎週火曜日はイングリッシュランチ!
10月8日(火)はたくさんの1年生が参加し、ALTのベンジャミン先生を囲んで、楽しいランチタイムを過ごしました。

次回はベン先生が、ゲームを用意してくれるそうです。
火曜日はお弁当を持って4階B講義室に行こう!

0

【学校地域WIN-WINプロジェクト】総合的な探究の時間

本校では、地域の人材を学校の教育活動に活かし、学校の教育力を地域で発揮する学校地域WIN-WINプロジェクトを通して「開かれた教育課程」の実現を目指しています。
1年生の総合的な探究の時間では、11月に地域の方を講師に迎え、地域の課題を考えます。

10月7日(月)には、地域の代表の方に授業に参加していただき、11月の活動に向けた打ち合わせをおこないました。

0

トイレが新しくなりました!

10月7日(月)HR棟東側トイレのリフレッシュ工事が終了しました。
早速使用した生徒からは「想像以上に綺麗!」という感想が。

乾式の床に洋式便座に生まれ変わったトイレ用に、清掃道具も新しくしました。
長く綺麗に使うためには、次に使う人が気持ちよく使えるように、ちょっと気配りすることが大切です。

綺麗なトイレが志木高校の「顔」になるように、みんなで綺麗に使いましょう!

 


個室の色はシックにまとめて落ち着きの空間に

 

 

もちろん、ウオシュレットついてます。

明るく綺麗なトイレは気持ちが晴れやかになりますね♬

0