日誌

2014年4月の記事一覧

ノート・レポート 生徒指導講演会

生徒指導講演会
性とコミュニケーション  ~本当の大人になることの楽しさ~

 4月21日(月)、3年生を対象に、埼玉医科大学短期大学より佐藤先生をお招きし、生徒指導講演会が開かれました。男女の性やDV、男女平等に関するお話まで、幅広くご講演いただきました。佐藤先生は、終始席をお立ちになり、ジェスチャーを交えながらの熱いお話で、生徒達は初めて知ることも多く、新鮮な気持ちで聞いていました。最後に、「自分自身が納得できる性と生の自己実現をするために、学習と努力をしていってほしい」と生徒たちに語られ、講演会は終了しました。
生徒が普段あまり意識できないことを立ち止まって考える、とても貴重な時間になりました。

0

花丸 離任式

 4月18日(金)、異動された先生方にお越しいただき、離任式が行われました。
生徒たちからすると、3月まで傍にいた先生が遠くへ行ってしまった感覚のようで、離任式前から楽しみにしていたようです。
現在の3学年を担当されていた中島先生は、「志木高生はもったいない、もっと可能性を感じて頑張って欲しい」と熱いメッセージを送ってくださいました。
関根先生は、「人生の大事なことは35歳までに起きるそうです。高校時代にいろいろ経験して欲しい」、長澤先生は、「いっぱい苦労してほしい」と、生徒に向けて、厳しくも温かい言葉をかけてくださいました。
 放課後には、お世話になった先生方のもとに生徒たちが集まり、様々な話をしていました。私たち職員もどこか懐かしい感覚になった1日でした。

0

花丸 入学おめでとうございます

278名が仲間入り
 4月8日(火)午後1時より第41回入学式が挙行され、278名が入学を許可されました。数日来の風に耐えた桜も、新入生たちを明るく迎えてくれていました。
 校長先生は式辞で、「高等学校での勉学に当たっては、出来るだけ高く明確な目標を持って、努力していただきたい。」「なぜ『学ぶ』のかということを改めて考えてほしいと思う。『学ぶ』ことの目的は、持って生まれた自分の才能・能力を磨くことであり、さらにそれを周囲に広め伝えていくこと。」「高い志を持ち、自分を厳しく律することで皆さんが大きく成長することを願っている。」と述べられました。 
 新入生代表「誓いの言葉」では、4組の佐藤くん(宗岡中出身)が「9年間の義務教育を経て、初めて自分で決めた道です。その自分の選択には大きな責任が伴います。」「志木高生としての自覚を持ち、勉強や部活動や委員会活動などの多くの活動に積極的に取り組み、自分の能力を最大限に活かして過ごしていきたいと考えています。」と決意を述べてくれました。
 新入生の皆さん、希望に満ち溢れた高校生活が始まりましたね。緊張感と慣れない生活への不安が続くと思いますが、体調に注意しながら頑張ってください。


0