日誌

陸上競技部 学校総体西部地区大会の報告

     4/21(水)〜23(金)の3日間、学校総体西部地区大会(インターハイ予選)が上尾運動公園陸上競技場で行われました。昨年はインターハイが中止になり、2年ぶりに行われた学校総体の西部地区大会でした。3年生は上位大会への進出を狙う最後の大会となり、ここで各種目上位12位以内の選手に県大会の出場権が与えられます。
 
 結果としては、男子4×100m リレーと男子4×400mリレーでそれぞれ7位入賞を始め、男女合わせて個人で5種目に入賞し、12種目で12位以内となり、県大会への出場権を獲得しました。
 
 今大会は、昨年末から3月まで3ヶ月間部活動ができない中、ようやく活動を再開し、わずかな期間で準備をしなければなりませんでした。そのため、突貫工事でやってきた練習で怪我をしたり、調整不足のまま試合に臨まなければならないなど、どの学校も難しい状況で迎えた大会でした。しかし困難な状況でこそ力を発揮するのが志木高陸上部の伝統です。自粛期間中も自宅でトレーニングを続け、お互いに支え励まし合い、大会に向けて準備をしてきました。特に3年生については入学時から力のある学年でしたが、なかなか結果に恵まれず、昨年のインターハイは中止となり、今年に期するものは大きいと思います。ようやく始まったインターハイへの路線で、どこまでできるか挑戦していきます。
 
 県大会は5/9(日)〜12(水)に熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われ、各種目上位6位までが北関東大会へ進出となります。1年生を迎えた新たな布陣で、県大会も頑張ってきます!

20210423164654_令和3年度埼玉県西部地区学校総合体育大会陸上競技の部_リザルトリスト.pdf

(埼玉陸上競技協会HPより)

 

【男子4×100m R】

 

【男子4×400mR】

 

【チーム3年】

 

【チームマネ】

 

【ほぼ全員集合】

 

【大会中の写真】