日誌

陸上競技部の活動

陸上競技部 それぞれの夏

 夏休みが始まり1週間ほどですが、梅雨も明け、やっと部活動も軌道に乗り始めた感じがします。陸上競技部では8月1日より3年生から2年生へ代替えし、新体制でのスタートとなっています。今年は新型コロナウイルス感染症の影響で軒並み大会が中止となり、残すは8/10(月)~12(水)に行われる学校総体の地区大会のみとなりました。今日はここまでの取り組みを振り返りたいと思います。

 

 17名が入部した1年生。1年生にとっては部活動が始まって1ヵ月あまり、最初の夏です。例年だと夏休みに入る頃から1年生が台頭し始め、力のある選手が見えてくる頃ですが、今年はようやくゴールデウィークぐらいの感覚です。いつもなら夏合宿を越えて一皮むけるのですが、今年はありません。今の環境を言い訳にせず、自分に厳しくしてこそ陸上選手です。もっともっと、ギラギラしたものを出してほしいですね。焦らずにステップアップしましょう。

 

 2年生にとっては休校明け「いきなりやってきた自分達の代」です。ですがようやくやってきた自分達の代。好きなようにしていいわけですから、やりたかったことをどんどんやりましょう。顧問が求めるのは、「あたりまえの基準を上げる」ことです。1年生を指導し、自分達は結果を残す。それが当たり前。ここにプライドを持って臨めるかどうか、です。この代にかかる期待は大きい分、求めるものも高い。黄金世代になれるかどうか。

 

 そして3年生にとっては最後の夏。しかも予期せぬ最後の夏です。ほぼ全員が最後の大会に出ることを選択してくれました。進路で忙しいにもかかわらず。顧問として誇りに思います。練習をフリーにしてはいますが、最後に賭ける意気込みはひしひしと伝わってきます。結果ではなく過程が大事、といいますが、この最後の大会だけは「結果」を残してほしい、というのが願いです。最後の最後まで結果を求めて最善を尽くしてほしいと思います。

 

<夏休みの練習の様子>

【中学生のみなさんへ】

陸上競技部ではいつでも見学を受け付けています。

興味のある方は下記にご連絡頂き、ぜひ1度ご来校下さい。

 活動紹介↓

https://shiki-h.spec.ed.jp/%E9%83%A8%E6%B4%BB%E5%8B%95/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80

志木高校:048-473-8111

担当:山本

0

もうすぐ部活動再開です(陸上競技部)

<2・3年生の部員へ>

 

  6月から学校が再開し、現在は分散登校が続く中ですが、少しずつ日常が戻ってきています。来週からは授業が始まりますが、生活リズムを少しずつ取り戻しながら慣れてきましょう。

 

 現在、6/22(月)から部活動を再開する予定ですが、3ヶ月に及ぶ休校の影響で、体力が大きく落ちてしまった人も多いと思います。もうすぐ部活動が再開しますが、始めは軽い運動から少しずつステップアップしていきますので、安心してください。自宅でできるトレーニングなどを行い、準備をしておいてください。

 

 また、感染拡大に最大限配慮した活動となりますので、最初は短時間で頻度を少なくした活動とします。また、「3密」を避けた行動を徹底します。

 

 最後に、3年生にはとても残念な状況となってしまっていますが、あと少し、後輩のためにも最後までやり切ってくれることを願っています。顧問も支えます。

 

<1年生のみなさんへ>

 

 陸上部では、多くの1年生の入部を待っています。中学時代に陸上部だった人、高校で新しいことを始めたい人、マネージャーなど、あらゆる人たちに門戸を開いています。ぜひ1度見学に来てください!

 

陸上部に興味のある人は、↓を見てください。

 https://shiki-h.spec.ed.jp/%E9%83%A8%E6%B4%BB%E5%8B%95/%E9%99%B8%E4%B8%8A%E7%AB%B6%E6%8A%80

(陸上部のページ)

0

陸上競技部 志木市陸上競技連盟ホームページ開設のお知らせ

 本校も参加している、志木市陸上競技連盟(2019年4月発足)のホームページが開設されました!高校だけでなく、小学生、中学生、社会人、高齢者の方々など、志木市内の地域の方々との交流を更に深め、志木市の陸上競技の発展に寄与して参ります。また、高い専門性を有した指導者が多数所属しており、本校の生徒もその指導が受けられることは非常に意義深いことです。

 志木高校陸上競技部とともに、志木市陸上競技連盟もよろしくお願い致します。

URL:http://shikirikujyou.info/

 

0

陸上競技部 活動報告会&懇親会バーベキュー  

 今シーズンの大きな大会も終わり、11/24(日)に活動報告会として保護者懇談会と、懇親会としてバーベキューを実施しました。

 活動報告会では部長・副部長からの振り返りや、部内の状況など、普段保護者の方が見えない部分を語ってもらいました。懇親会では、部長からは「色々なことを乗り越えチームがまとまってきたので、冬の厳しい練習を乗り越えて来シーズンの飛躍を期そう」という話があり、その通りにチームワーク良くテキパキとバーベキューを実施することができました。
 また、当日は3年生もたくさん顔を出してくれて、賑やかな1日となりました!

 

 

 

0

陸上競技部 トラック&フィールドシーズン終了

11/16(土)・17(日)の2日間、しらこばと運動公園陸上競技場(越谷)にて、越谷カップに出場し、この大会をもって2019年のトラック&フィールドの試合は終了となります。

 2年生が沖縄修学旅行中ということで、1年生だけでの出場となりましたが、リレー種目も含めて健闘しました。1年生の仲の良さや前向きな姿勢を見て、顧問としても収穫のある大会となりました。

 今後は、今シーズンの反省をした後に、来シーズンの計画と目標を立て、12月の期末考査後に冬季トレーニングに入っていきます。寒く、厳しい冬となりますが、来シーズンの出来はこの冬季でほぼ決まります。来シーズンの飛躍を期して、これから頑張っていきましょう!

 男子4×400mリレーに出場した、左から柳川・金井・大曽根・伯耆原

0

陸上競技部 高校駅伝が行われました。

   11/1(金)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場周辺コースにて、全国高校駅伝埼玉県予選会が行われ、本校は男子のみの参加となりましたが、33位でゴールしました。志木高としては、熊谷のコースに移ってからの過去最高順位を更新しました。

 夏休みの走り込みや、トラックシーズンで磨いたスピードを発揮する機会として練習を積んできましたが、主将の宮本(2年)が夏の終わりに脚の疲労骨折をし、高校駅伝の出場が間に合わないことになり、チームとしては戦力ダウンを余儀なくされた中での駅伝でした。そんな中でしたが、10月に入って1年生が台頭し、当日はその穴を十分に埋めてくれる力走を披露。結果的にチームはまとまり、それも含めて宮本の人徳ということで、無事に走り切ることができました。

 今回は、3年生が2人、進路が忙しい中でも時間を見つけて練習し、後輩の良き模範となり、チームを引っ張ってくれました。他の3年生が進路が決まって楽しい時間を過ごしている中で部活動に取り組むのはかなりの決意と労力が必要なことで、後輩は敬意を持つべきですし、来年も、再来年も…と続くことを期待します。

 今年は最高気温25度と非常に暑く、タフなコンディションのレースでしたが、良く頑張ってくれました。来年はいよいよ「30位の壁」に挑みます!

 そして、来年こそは女子も出場!

 

結果→男子結果.pdf(埼玉陸上競技協会HPより)

1区 磯野(2年)

2区 根岸(3年)

3区 柳川(1年)

4区 鈴木(1年)

5区 石井(1年)

6区 伯耆原(1年)

7区 山口(3年)

 

0

陸上競技部 夏期校内合宿 

   8/6(火)~8/9(金)の4日間、校内の合宿所を利用した夏期校内合宿を実施しました。毎年、この合宿のテーマは「体力づくり」です。徹底的に追い込んで追い込んで、全て絞り出したと思った後にもうひと絞りし、「壁を超える」経験をしてもらうことが目的です。

 
   3日目と4日目には新座高校や志木中の選手も合同で練習し、お互いに刺激し合いながら良い練習ができました。また、今回は志木市陸上競技連盟の先生方にもご来校頂き、各種目の専門的な技術指導やサポートを頂くことができたことは大変ありがたいことでした。志木高校としては、チームとしての実力と活気をさらに高め、志木市唯一の公立高校としての価値を高めていけるように努力していきます。

 
   さて、この合宿のスローガンは「臥薪嘗胆」でした。3年生の学校総体での悔しさを胸に、新人戦での栄光をつかみ取ろうという意味合いです。合宿での1人ひとりの頑張り、お互いを励まし合う声掛け、強くなりたいと願うスピリットが結実した最終日の練習を見て、「新人戦は面白いことになる」と密かに確信した顧問なのでありました。

 
   最後になりますが、ご協力頂いた先生方、3年生の諸君(今年はいっぱい来てくれました)、OBOGの皆さん、そして合同練習でお世話になった選手のみなさん、ありがとうございました。
夏休み後半は、新人戦に向けた専門練習に入っていきます。疲れをしっかり抜いて、宿題をテキパキ終わらせて、後半も頑張りましょう。
<合宿練習メニュー>
20190806 PM.xlsx
20190807 AM.xlsx
20190807 PM.xlsx
20190808 AM.xlsx
20190808 PM.xlsx
20190809 AM.xlsx















0

陸上競技部 国体予選結果&幹部交代

   7/13(土)・14(日)の2日間、国体西部地区予選会が川越市陸上競技場にて行われました。3年生は最後の公式戦となるこの試合でしたが、それぞれが自己ベストを目指して準備し、その背中で後輩達に熱いメッセージを贈ってくれました。

特に、最後の大会で自己ベストを5分近く更新し、7位入賞した5000m競歩の前山は、2年生の後半から競歩を始め、ケガがあり試合に出られない時期がありながらも最後の大会で見事に成果を残しました。この意地の入賞は、ぜひ後輩にも見習ってほしいものです。

最後の4×400mリレーの男子チームは3年生だけで組み、学総大会の記録を上回る見事な走りっぷり。魂のリレーとなりました。

1・2年生は、秋の新人戦の試金石となる試合として、現在の力を見極め、夏休みの練習への課題を得た大会でした。1年生はいくつかの種目で入賞し、新人戦が楽しみな内容でした。

そして後日、幹部交代ミーティングが開かれ、3年生からの挨拶や顧問からの贈る言葉、新たな幹部となる2年生からの挨拶などがあり、無事に幹部交代となりました。

3年生ありがとうございました。しかし卒業までは陸上競技部の一員であることを忘れずに生活してください。そして高校生に「引退」はありませんので、また顔を出してください。

1・2年生は、すでに新しい体制での活動がスタートしています。まずはこの夏休み中にチームの形ができるように、頑張っていきましょう!

 

<入賞者>

男子

3000mSC 山口里士(3)7位

5000mW  前山直輝(3)7位

少年B走幅跳  干場涼太(1)3位

少年B砲丸投  大曽根健太(1)7位

 

女子

少年B100m 長沢結菜(1)4位



0

陸上競技部 学校総体結果

2019年度のシーズンが始まりました。今年は16名の高い志を持った1年生を迎え、ここまで順調に記録会や練習を消化してきました。そして今シーズン最大の目標であった学校総体が終わりましたので報告します。

4/19(金)~21(日)の3日間、川越で西部地区予選会が行われ、女子やり投げで1名、男子3000m障害で2名、合計3名が県大会出場を決めました。

そして5/11(土)~14(月)の日程で迎えた県大会、各種目上位6位までが北関東大会進出となります。本校は過去2年連続で関東大会(一昨年は全国大会)に進出しており、3年連続を目指した大会となりましたが、残念ながらどの種目も予選落ちとなり、敗退しました。

力はあったのに最大限発揮させてあげられなかったことに、顧問としての指導力不足を痛感しています。それとともに、チームとしての在り方、1人ひとりの競技に対する姿勢、「熱さ」のようなものが欠けていたのではないかと思いました。陸上競技は個人競技ではありますが、どのような環境で練習するか、すなわちチームのレベルや雰囲気、価値観などが、個人に対して大きな影響を持つものであり、今後は新しい価値観のもとでチームを作り直す必要があるとの認識に至りました。

3年生にとっては3年間で最大目標とする大会ではありましたが、気持ちを切り替えて7月の国体予選を目指してラストスパートを決めてほしいと思います。後輩に何かを残せる先輩であってほしいと思います。1・2年生は、秋の新人戦に向けて力を蓄える時期です。学総の借りを新人戦で返そう!!

0

陸上競技部 春合宿

3/25()27()の2泊3日で、春の校内合宿を実施しました。学校総体の予選まで1カ月というタイミングで、最後の仕上げとして追い込み練習を行いました。

 2日目には志木中学校と合同練習も行い、中学生のひたむきな姿勢に感化された選手も多かったと思います。

 3/28()には、合宿の延長として、西部地区高体連の記録会に臨み、疲れが残る中自己ベストを出した選手もおり、本番の試合が楽しみです。

 ここからは、ケガに気を付けて本番に向けて仕上げていく時期です。練習と休養のバランスを取りながら、焦らずに調子を上げていってほしいと思います。 












0

陸上競技部 3送会を実施しました。

 先日の感動的な卒業式の余韻の残る中ではありますが、陸上部としては3/9(土)に、部活動での3送会を実施しました。当日は今年1番の暖かさの中、志木高自慢のバーベキュー場にて3年生とともに大量の肉を食べ、送り出しをしました。

 今年の3年生は9人と少ない代でしたが、とても仲が良く、チームワークで乗り越えてきた代だったと思います。途中で退部していった人もいましたが、その人たちも含めて、最後まで良い人間関係を築けていたのではないでしょうか。陸上競技は個人スポーツですが、「チーム陸上」ということの大切さを認識させてくれた部員達でした。その仲の良さは後輩にも正しく受け継がれ、陸上部の伝統を継承してくれたと思っています。また、人数が少ない中でも競技能力が高く、半分近くの人が県大会に出場するなど、実績を残した世代でもありました。

 卒業しても辛いとき、苦しい時に、陸上部での経験を糧に踏ん張って、社会で活躍してくれることを願っていますが、人間は休むこともまた大切なことです。疲れたとき、自分を見つめ直したい時に、いつでも帰ってくる場所がここにはあることを、忘れないでいてください。

卒業おめでとう。




0

陸上競技部 埼玉県駅伝に出場しました。

 2/3(日)、志木高校としては初めての埼玉県駅伝競走大会に出場しました(男子)。この大会はさいたま新都心をスタートし、宮原駅、上尾駅、鴻巣駅、北鴻巣駅、熊谷女子高校、そして熊谷スポーツ文化公園をゴールとする、全長42.195kmの本格的な駅伝です。大学生や実業団が参加する「一般男子の部」、地域の市民ランナーの方々が参加する「市町村男子の部」、そして志木高校は「高校男子の部」に出場しました。結果としては37チーム中34位でゴールし、初めての埼玉県駅伝を走り切りました。駅伝で結果を残すことはなかなか難しいのですが、春のシーズンを見据えて良い刺激となりました。



0

陸上競技部 強化合同練習を行いました。

 今年もよろしくお願い致します。
 報告が遅くなりましたが、昨年の12/24
(月)~12/26(水)の3日間、2018年締めの強化練習を実施しました。今回は新座総合高、富士見高、和光高、志木中といった近隣の学校に声を掛けての実施となりました。次のシーズンに向けた冬季練習はまだ序盤ですが、寒くて気持ちが上がって来ないことも多くあり、少しでもお互いに刺激になればと企画しました。

 

 合同練習ということもあり、他校の先生に教えて頂ける貴重な機会でもあります。特に投擲ブロックなどは、専門的に技術指導を頂けるチャンスでもあり、やり投げ、砲丸投げの選手は熱心に耳を傾けていました。

 

 また、今回は会場校ということもあり、準備や片付けなど、気を遣って“おもてなし”をする力を身に付けるという目的もありました。初日こそ動きが遅かったり、気を遣えないと注意されることがありましたが、3日間のうちに大きく改善され、他校の先生方からは「志木高の生徒が良く動いてくれていた」という言葉を頂きました。強化練習に来て頂いた各校の選手・先生方、ありがとうございました。またよろしくお願い致します。

 

 そして最終日の午後にはエンドレスリレー(200m×4)を全員で行い、部室の大掃除をして終了です。顧問からは今年の総括として、「この場を大切にすること」「ペナルティでは人は育たない」「思いやりに満ちた組織を作っていこう」という話をしました。

 

 2019年のシーズンは、1月・2月・3月の練習の出来に関わってきます。1年生は飛躍の年に、2年生は悔いのない毎日を送ってほしいですね。









0

陸上競技部 保護者懇談会、BBQを実施しました

11/3(土)、保護者会とBBQ大会を実施しました。

 11時からの保護者会では今年度の活動の経過報告と、各家庭での生徒の様子等をお聞きしました。その中で様々なご意見を頂きましたので、今後に生かしていきます。どの生徒も楽しく活動できているようなので、顧問としては一安心です。
 保護者会で出たお話の中で、「家庭でのゲームの実施時間」がありました。夜遅い時間帯に通信対戦ゲームを行っており、寝るのが遅くなりがちだということです。
 ゲームそのものを否定はしませんが、陸上競技は生活習慣が命です。良質な睡眠をとることが、強靭な肉体を作ることに大きく寄与します。夜にゲームをすることで脳が覚醒し、質の良い睡眠が阻害されます。アスリートとしてはそれで良いのでしょうか?一人ひとりの自覚を促したいところです。

 午後からのバーベキュー大会では、3年生やOBも参加し、また、保護者の方にも協力して頂き、楽しいひとときを過ごしました。来てくれた3年生、OB、そして保護者の方々、ありがとうございました!



0

陸上競技部 新人戦報告

9/16(日)・17(月)に新人戦の西部地区予選が上尾にて行われ、続く9/27(木)~29(土)の3日間、埼玉県大会が熊谷スポーツ文化公園陸上競技場にて行われました。

 西部地区予選は、一人ひとりが全力を出したものの、あと一歩で県大会の出場権を逃す種目が続出という悔しい結果に。そんな中、男子の3000m障害では2年生の山口里士が見事優勝!西部地区チャンピオンとなりました。また、1年生の磯野然が、同じく3000m障害で4位入賞と躍進しました。近年の志木高は、男子の中・長距離種目で複数の西部地区チャンピオンを輩出しており、山口もそれに続いた形になります。

 10日後に行われた県大会。今年はリレーと3000m障害の出場となり、昨年に引き続いての関東新人を狙いましたが、力及ばず。いずれも予選落ちとなり、残念な結果となりました。

 2年生の代として迎える初めての公式戦で、大きな反省点を残して終わった今回の大会。様々な部分で考えなければならないことがたくさんあります。

 これで、2018年のトラック&フィールドのシーズンはほぼ終了です。来春に向けて、これから厳しい冬季トレーニングが始まります。きちんと今シーズンの反省をし、来年こそは捲土重来を期してほしいと思います。

0

陸上競技部 夏季校内合宿を実施しました

 8/10()8/12()の2泊3日の日程で、夏季校内合宿を実施しました。今年のテーマは“考えるな、感じろ!”(byブルース・リー)です。アタマで考えて動いているようでは本物ではない、身体で「感じる」ように動くことが運動では肝要なのだ、という教えです。そのためには厳しい修行を課し、考える余裕を無くし、感覚だけしか残らない境地を経験しましょう、ということです。

初日の最初の練習からMAXハードな練習を組み、雨にも負けず、猛暑にも負けず、3日間走り切りました。2日目と3日目には志木中学校とも合同練習を行い、交流を深めました。中学生のひたむきさ、素直さに、高校生も心が洗われたようでした。

そして最終日は、全員で恒例のエンドレスリレー。150mを全力で3本走るのですが、男子は余力があるとみて追加のもう1本。全てを出し切りました。

今年の合宿は大きなケガもなく消化し、新人戦に向けての土台ができました。何人かは大きな成長を感じることができ、新人戦で勝負できる予感がします。また、マネージャーの4人が気を利かせ、それぞれが自分の役割を考えて行動することができるようになってきたことも、チームとしては大きな財産です。手伝いに来てくれたOB・OGの皆さんもありがとうございました。

今後は、9月の新人戦に向けて心と体を仕上げていくことになります。文化祭等で忙しくなってきますが、今後の練習も頑張っていきます。














0

3年生 引退式を行いました。

 7/14(土)・15(日)の2日間に渡り、川越市陸上競技場にて国体西部地区予選が行われました。この大会では1年生ルーキーが輝きを見せたり、2年生は新人戦での県大会出場を予感させるなど、秋のシーズンに向けての試金石となる試合でした。また、この大会をもって3年生は引退し、それぞれの進路に向かって新たな勝負をしていくことになります。

国体予選を終えた7/16(月)、学校において引退式を行いました。3年生の代は、部員が9名と比較的少なく、中でも女子部員は3名と少数で、何かと気苦労も多かったと思います。しかし少数だからこそみんなで支え合い、9名のうち5名が県大会出場を経験し、2名が関東大会に進出するという結果を残すことができました。

これで部活動は一旦区切りとなりますが、卒業までは陸上競技部員であることには変わりません。培ったパワーと持久力で、それぞれの進路実現に向けて邁進してくれることを期待しています。

3年生、今までお世話になりました。たまには後輩達を叱咤激励しに来てください!

0

関東高等学校陸上競技大会 結果報告

5月の埼玉県大会を勝ち抜いて迎えた先日、群馬県敷島市にある「正田醤油スタジアム」にて、本校3年生の味田海斗(みた かいと)が関東高等学校陸上競技大会に出場しました。種目は、800mと1500mの2種目です。

 

/15(金)、最初の種目である1500m予選に出場し、自己ベストから10秒遅れての410秒で最下位。全く本来の走りができず、本人の落ち込みも大きく、残念な結果となりました。

間に1日置いて迎えた6/17(日)は、本職の800mです。インターハイを目指して本気で取り組んできた種目ですから、何とか気持ちを持ち直して迎えました。1500mに比べれば調子は上がっていましたが関東の壁は厚く、1分57秒で予選落ちに終わりました。

今回の関東大会は、大きな大会で力を発揮することがいかに難しいかを痛感する大会でした。トレーニング計画の見直しや、トレーニング内容の根本的な見直しが必要だとも感じました。

 

ここまで必死に練習を積んできた味田君は、サッカー部から転部してから1年と少しでここまで成長したことに大きな可能性を感じる選手です。今後も陸上競技を続けて、強い選手になってほしいと思います。

 

付き添いとして応援に行った部員諸君、当日駆けつけた残りの部員諸君もお疲れ様でした!




0

学校総合体育大会西部地区予選会・埼玉県大会(インターハイ予選)

①西部地区予選(4/2022) 川越市陸上競技場

 インターハイへの道のりは1発勝負。どんなに記録が良くとも、アクシデントがあったり失敗をしてしまったらそこで終了です。険しい道のりですが、どんなレベルの選手でもここから始まるのです。

県大会は各種目上位12人が出場できますが、その切符をかけて連日熱戦が繰り広げられました。

3年生はこの大会を最大の目標にして日々厳しい練習を乗り越えてきました。その総決算です。

以下、県大会出場選手です。

 

女子

◎400m 徳宮実佑 1.01.94 5位入賞 県大会出場

◎800m 徳宮実佑 2.26.5  県大会出場

◎4×100mリレー 51.37   県大会出場

◎4×400mリレー 4.24.23 県大会出場

 

男子

◎800m    味田海斗  1.56.03    2位入賞

◎1500m   味田海斗  4.03.67    5位入賞

◎3000m障害 味田海斗  9.55.34   5位入賞

◎3000m障害 山口里士  10.13.85   県大会出場

◎走り幅跳    田名邊時生 6m68cm  5位入賞

◎棒高跳     佐藤匠悟  3m90cm  優勝

◎男子4×100mリレー    44.48    県大会出場

◎男子4×400mリレー    3.33.60   県大会出場

 

②埼玉県大会(5/1114)熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 いよいよ迎えた県大会。関東大会へは各種目上位6名までが出場できます。

選手達は出られなかった人の思いも背負って競技に臨みました。暑かったり寒かったり雨が降ったり…不安定なコンディションで調整が大変でしたが、チームメートの支えもあり、3年生の味田海斗が見事に2種目で関東大会出場を決めました!

味田の話を少しします。彼は試合前、調子の良くない時は口数が多く、様々な不安を口にします。内容はレース展開であったりフォームの事だったりさまざまです。今回はどうかなと思って「調子はどうだ?」と声をかけました。そうしたら「やるべきことをやるだけなんで大丈夫です」という答えが返ってきました。それを聞いてよし、これは大丈夫と確信し、余計な事は言わず、見守るだけにしました。結果としてスローペースのレース展開にうまく対応し、2種目で関東大会を決めました。

 

関東大会は6/15(金)~6/18(日)に群馬県前橋市「正田醤油スタジアム」にて行われます。志木高としては2年連続の関東大会進出です。このままの勢いで、2年連続のインターハイ進出を決めたいところです。ぜひとも応援よろしくお願い致します!

 

男子

◎800m  味田海斗  1.58.70   4位入賞 関東大会出場!

◎1500m 味田海斗  4.08.18   4位入賞 関東大会出場!

◎棒高跳び  佐藤匠悟  4m00cm 7位入賞


田名邊時生(3年)走幅跳

佐藤匠悟(3年)棒高跳

味田海斗(3年)800m・1500m
0

冬季トレーニングに励んでいます

 2018年、今年もよろしくお願いいたします。

 さて、陸上競技部では、年末に強化練習として他校と合同練習を行い、年が明けた1/7(日)には、朝霞運動公園周辺を走る「県南駅伝競走大会」に出場しました。この駅伝は今年の走り初めということで、ブロックに関係なくほぼ全部員・マネージャーが出場し、今年1年を頑張るんだ!という思いを新たにしました。

学校の練習では冬季トレーニングが中盤に差し掛かり、連日厳しい練習に励んでいます。冬季トレーニングの基本コンセプトは「地形を有効活用すること」です。さまざまな形状の地形で練習することで、普段グラウンドで走るのとは違った刺激を体が受けるので、ケガを防ぎやすく、効果的な練習ができると考えています。志木高のすぐ隣は土手になっており、その土手を駆け上がったり、近くの公園の坂を利用してダッシュや補強を行っています。

また、短距離・跳躍・投擲では、今年から本格的にウエイトトレーニングを導入し、「パワーの向上」を目的に取り組んでいます。長距離は、2/4(日)に行われる埼玉県駅伝に向けての走り込みを増やしているところで、その先に待つインターハイ予選を見据えながら毎日トレーニングしています。

大会がなく、意欲を持ちづらい時期であるからこそ、明確な目標を持ち、1日1日を大切に過ごしてほしいものです。





0

全国高等学校駅伝競走大会埼玉県大会

 11/1(水)、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場周辺特設コースにて、長距離選手にとって1年間で最大の舞台である、高校駅伝の県大会が行われました。

男子:7区間42.195km、女子:5区間21.0975kmの距離で行われ、結果としては男子78チーム中41位、女子47チーム中40位でした。

志木高校における駅伝の歴史はあまり無く、男女とも昨年10数年ぶりの出場でした。その中で、男子は昨年最下位から3番目のチームだったのが今年は15分記録を伸ばすことができました。女子においても、昨年と順位は同じですが、記録を1分近く更新することができました。

長距離ブロックは、普段はグラウンドの他に学校裏の土手(1周2km)や新河岸川沿いにある親水公園(1周約1.3km)、柳瀬川沿いなどを走っています。真面目で地道な努力のできるメンバーがそろっており、今年は朝練習の回数を増やしたことが、この結果に結びついたのだろうと考えています。

駅伝の壁は厚く、本気で上位を狙うには道のり遠し、というところですが、懸命で地道な積み重ねの先に歴史は作られると信じて、今後も努力を続けていきます。

当日は、全部員でサポートし、記録の計測や順位、前との差などを伝えてもらいました。お疲れ様でした!







【女子】

1年生ながらエース区間を任された女子1区 平出(1年)

主将として走り、順位を上げた2区 徳宮(2年)

3年生として堅実な走りでチームに貢献した3区 工藤(3年)
 
初めての駅伝で、順位をキープする力走をした4区 栗原(1年)

アンカーとして必死の走りで順位を守った5区 小諸(2年)

【男子】

エースとして流れを引き寄せる走りをした男子1区 味田(2年)

スピードを生かして流れを手放さなかった2区 濱岡(3年)

1年生ながら準エース区間を任され、力走する3区 山口(1年)

男子主将として意地の走りを見せた4区 長澤(2年)

苦しみながらも必死に襷をつないだ5区 前山(1年)

最後まで気持ちを切らさず、粘りの好走を見せた6区 下沢(2年)

1年にしてアンカーを任され、力走する7区 根岸(1年)

0

関東新人選抜陸上競技大会の報告

 10/21(土)、駒沢オリンピック公園陸上競技場(東京)にて関東新人陸上競技大会が行われ、男子棒高跳で埼玉県大会を2位で勝ち上がった佐藤匠悟(2年)が出場しました。

 台風接近に伴い、気温15度、雨、強風という悪条件の中の大会で、本人も「跳ぶのが怖い」というほどのコンディションでした。せっかくウォーミングアップをしても、すぐに体が冷えてしまい、ベストの跳躍とはなりませんでしたが、来春再び関東大会に出場し、このメンバーとインターハイを争うんだという気持ちを新たにすることができた大会だったと思います。この冬、厳しいトレーニングを積んで、来年こそはやってくれると期待しています。

 テスト中にも関わらず、前日から同行してサポートしてくれた田名邊くんもお疲れ様でした。

棒高跳に出場した2年の佐藤匠悟


駒沢オリンピック公園陸上競技場


1回目で3m80を成功させたが、低温・強風でコンディションに恵まれず・・・

0

新人大会西部地区予選・埼玉県大会報告

/17(日)・9/18(月)に上尾市陸上競技場にて新人陸上大会西部地区予選会が行われました。

新チームになって初めての公式戦ということで、夏休みの成果を発揮する時がやって来ました。結果は以下の通りですが、県大会に進出できなかった人でも自己ベストを更新する人が多く、特に長距離ブロックの躍進が目立ちました。11月に県駅伝が予定されていますが、そこでの活躍が楽しみです。

しかし、残念だったこともあります。部長であり、走幅跳びの選手である田名邊時生が、初日にメイン種目の走り幅跳び、サブ種目の100mで、どちらも県大会を逃すというアクシデントがありました。本人のショックもそうですが、チームに与えたダメージも大きく、気持ちを切り替えるのが難しい状況がありました。

しかし、その状況の中迎えた2日目で、男子棒高跳で佐藤匠悟が優勝、男子800mで味田海斗が優勝し、記録的にも県大会で上位が狙える位置につけてくれました。部長の思いも背負って県で戦ってくれると信じています。

 

そして9/28(木)~9/30(土)の3日間、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場において、新人陸上埼玉県大会が行われました。各種目3位までが関東新人大会への出場権を得られます。

結果は、2年男子の味田海斗が800mで5位入賞、1500mで6位入賞、そして同じく2年男子の佐藤匠悟が、棒高跳において準優勝を飾り、この結果佐藤は見事に関東新人陸上競技大会への出場を決めました!!

佐藤が取り組んでいる棒高跳は、学校に施設がなく、平日は学校でダッシュや体づくりを行い、休日は松山高校や城西大学で専門のコーチにお世話になりながら棒高跳の練習をしています。チームを離れての活動も多い佐藤ですが、志木高陸上部の一員として、堂々と関東大会を戦ってほしいと思います。

関東新人大会は10/21(土)・10/22(日)に駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われます。

800mで西部地区チャンピオンとなった味田海斗

棒高跳で4m10cmを跳び、県大会準優勝、関東大会進出の佐藤匠悟


【西部地区予選】県大会出場者

<男子>

味田 海斗(2年) 男子800m  優勝 1分56秒95

            男子1500m 7位  4分6秒82

佐藤 匠悟(2年) 男子棒高跳  優勝 3m80

 

<女子>

徳宮 実佑(2年) 女子400m  4位 1分1秒92

 

【埼玉県大会】

<男子>

味田 海斗(2年) 男子800m  1分57秒96 5位

            男子1500m 4分7秒56  6位

佐藤 匠悟(2年) 男子棒高跳  4m10 準優勝
関東新人陸上競技大会 出場!!

0

校内合宿を実施しました!

 8/21(月)~8/24(木)の3泊4日で校内合宿を実施しました。昨年はこの時期に2泊3日で行いましたが、新人戦に向けての強化練習という位置づけで、かなり追い込んだ練習をします。

 

今年の合宿スローガンは「野生になれ!」です。これは、合宿期間中、徹底的に追い込んで、心身ともに限界近くになったとき、身体の内側に眠る動物的な野生の力を引っ張り出そう、というものです。練習は、全てにおいてハードで、初日から全力全開で追い込みました。生徒達は4日間、ひたすら陸上競技に没頭しました。

 

また、この合宿期間中、2・3日目には志木中学校と細田学園高校との合同練習を実施し、様々な面で刺激をもらいました。他校の練習方法や取り組む姿勢は、自分達も見習うべき点が多く、特に中学生のはつらつとした動きや素直さなど、高校生が忘れがちな大切なことが多くあるように思います。ありがとうございました。

 さて、新チームとなり最初の公式戦となる新人戦の西部地区予選は9/17(日)・18(月)です。ここでの大爆発を期して、残りの夏休み、そして2学期明けての練習も頑張っていきます!







0

インターハイ報告

/29(土)、山形県天童市にあるNDソフトスタジアム山形において行われた、全国高等学校陸上競技対校選手権大会のご報告を致します。

いよいよ待ちに待ったインターハイ本番!浅井君と顧問は27(木)から山形入りし、現地の視察やトレーニングなどを行い、準備は万端。やはりインターハイだけあって、全国から名のある強豪校や、有名な選手がたくさん。マスコミやスポンサーの数も多く、普段は味わうことのできない緊張感の中、練習しました。28(金)には総合開会式が陸上競技場の隣の体育館で開かれ、独特の雰囲気の中、前日の練習を行いました。この練習の中では良い動きができており、また、前日にはサポートの部員3名と顧問の嶋田先生も駆けつけ、本人の緊張もいくらか和らぎ、明日は好記録が出るのではないかという期待感の中眠りに就きました。

そして迎えた当日。11時10分から始まる男子400mは、3組の3レーンです。ウォーミングアップはメイン競技場の隣にあるサブ競技場で行うのですが、みんなピリピリムードかと思いきや、そこはやはり全国の予選を勝ち抜いた選手達。全身から自信に満ち溢れた雰囲気の選手が多く、強烈な熱気に満ちていました。浅井君も自分のペースできちんと準備し、「これはいける」という確信を持って送り出しました。

11時20分頃、スタートの号砲とともにレースが開始されました。スタート直後から動きが硬く、いつもとは全く違う走りになってしまいました。200m過ぎにはほとんど身体が動かなくなり、最後には脚がもつれそうになるほど疲労して、最下位でゴール。51秒23という、自己ベストから2秒以上も遅れてのゴールでした。

ゴール直後は本人も顧問もショックが大きく、何も言えない状態でしたが、後で落ち着いた時に聞くと、「いつもとは違う精神状態だった」「熱くなりすぎた」そうです。インターハイという独特の空気に吞まれてしまったのです。記録的には、自己ベストを出していれば準決勝が見えていた・・・という状態だっただけに、悔やんでも悔やみきれません。いかにインターハイで力を出すことが難しいか、そのことを痛感させられたインターハイでした。

ですが、終わってしまったものは仕方なく、前を向くしかありません。インターハイ自体は、素晴らしいものでした。「ここで高校日本一が決まる」という緊張感、熱気は、現地に行った者にしかわからないと思います。この経験を糧に、浅井君が今後どのようなアスリートになっていくのか、顧問としても見守って行きたいと思います。また陸上競技部としてもこれを「始まり」として、今後学校全体で部活動を盛り上げていきたいと思います。

 

最後になりましたが、先生方を始め保護者の方々、3年生の生徒の皆さん、陸上競技部の皆さんのご支援に感謝致します。

0

国体予選西部地区大会 報告

/15(土)~7/16(日)、川越運動公園陸上競技場にて、国体予選西部地区大会が行われましたのでご報告致します。

2日間とも30度を超す酷暑の中、一人ひとりが持てる力を発揮して競技を行いました。この大会で3年生は引退であり、3年生は気持ちのこもった競技を見せてくれました。自己ベストが出た人も出なかった人も、前向きに取り組んだ3年間に無駄はありません。陸上部での経験を糧に、これから始まる進路活動にも全力で取り組んでくれることを期待します。

そして、7/18(火)には引退式・引き継ぎ式を行い、新部長と学年代表が決まりました。今後のより一層の飛躍に向けて、これから2年生が中心となって引っ張っていくことになります。3年生を超えていけるよう、一丸となって頑張りましょう。ひとまず、3年生、お疲れ様でした!!そしてありがとう。


【競技結果】

<男子>

100m  木村 颯汰 11秒34 第4位

800m  浅井 駿也 1分54秒61 優勝 

  味田 海斗 1分57秒83 第3位

1500m 味田 海斗 4分05秒01 第5位

棒高跳  佐藤 匠悟 3m80 優勝

4×100mリレー 大橋-木村-田名邊-浅井 43秒34 第3位

 

<女子>

走幅跳 中原 響 5m27 第3位

三段跳 中原 響 10m68 第8位

0

関東大会結果報告

祝!インターハイ出場!!

6/16(金)~6/19(月)、千葉県総合スポーツセンター陸上競技場にて、関東高等学校陸上競技大会が行われ、陸上競技部の浅井君が400mと800mに出場しましたので、そのご報告をします。

1日目に400mが行われ、午前中にまず予選。上位2着に入れば決勝に進出できます。自己ベストが出れば…と思っていましたが、結果は4881という大きく自己記録を更新する快走で、見事2着で決勝に進出しました。ここに向けて取り組んでいた新しい走りがうまくはまり、予想を上回る出来でした。そして迎えた午後の決勝。6位までがインターハイの切符を手にします。前半がやや遅れてヒヤリとしましたが、ラスト100mで得意のスパートが決まってなんとか6位!インターハイ進出が決まりました!

2日目はマッサージやアイシングなど、付き添いに来てくれた部員にも手伝ってもらい回復に努めましたが、前日の400mで脚の裏を若干痛めており、翌日に向けてやや不安の残る1日となりました。

そして迎えた3日目。この日は本職の800mです。全国のランキングでも上位に入っており、今回のメンバーの中でも4番目に良い記録を持って千葉県に乗り込んでいます。インターハイ出場を十分に期待できる種目です。午前に行われた予選では、組の中で4位という結果でした。8人が決勝を走れるのですが、全体9番目のタイムで悔しい予選落ち。ですが、本人は「あれが限界」ということで、悔いはないようです。やはり、400mを2本走った脚の影響は想像以上に大きかったようです。

ですが、インターハイを決めたことは快挙です。インターハイは、7/28(金)~8/2(水)、山形県の天童市にある「NDソフトスタジアム山形」で開催されます。全国の高校生アスリートが夢見るインターハイの舞台で、全国の強豪と堂々と渡り合ってくれるでしょう。これからも浅井君を、陸上競技部を応援してください!

付き添いで4日間、サポートしてくれた5人、日曜日に全員応援で千葉まで駆けつけてくれた部員のみなさん、お疲れ様でした。


0

関東大会壮行会

昨日の614日(水)に、関東大会に出場する本校陸上競技部の壮行会が体育館で行われました。

先日行われた県大会で、3年生の浅井駿也くん(さいたま市立大久保中学校出身)が400m競走と800m競走の二種目で、関東大会への出場を決めました。

壮行会では、校長先生から「実は、本人は中学時代100m、200mという短距離の選手だったが、それほど記録は伸びなかった。しかし、指導者である顧問の山本先生に本校で出会い、400m、800mという、いわば陸上競技の中でも最も過酷な中長距離種目への転向を進められた。才能を見いだした指導者と、それに応えた競技者という関係の中で、記録を伸ばし、今回の快挙につながったと思う。関東大会での健闘を祈ります」とのことばをいただきました。

続いて、顧問の山本先生から「まず、今回関東大会に出場できたのは、浅井くん一人の力ではないことをみなさんに知ってもらいたいと思います。部長や副部長をはじめ、46人いる陸上競技部員全員の力で、彼が関東大会に出場できたのです。また、昨年私が志木高校に着任し、2年生である浅井くんに出会ったのですが、最初の印象は声が小さいこともあってそれほどよいものではなかったです。しかし、目つきは鋭く、陸上競技に取り組む姿勢はなかなかのものだったと覚えています。彼はインターハイ出場を目指しており、関東大会は通過点だと思っています。現在のベストタイムは15位で、彼は全国の高校生の中で15番目に速い選手なのです。関東大会では616日(金)に400m、18日(日)に800mが行われますが、本命は日曜日の800mです。ですので、月曜日にはみなさんによい結果をお知らせできるようにと願っています」と話がありました。

そして、浅井くんから「関東大会では自己のベストが出せるように、全力で頑張ってきます」という力強い決意表明がありました。

次に、生徒会長からの激励のことばがあり、最後に花束贈呈がありました。

浅井くん、志木高校の代表として、そして埼玉県の代表として、関東大会で悔いのない走りをしてください!












0

学校総合体育大会西部地区予選会


平成29年度

学校総合体育大会西部地区予選会

【男子】

浅井 駿也 男子400m 第3位 49秒64  男子800m 優勝 1分55秒23 県大会進出

佐藤 匠悟 男子棒高跳び 優勝 3m40 県大会進出

男子4×100mR 第3位 43秒00(木村-田名邊-大橋-浅井)県大会進出

男子100m 木村 颯汰、男子走り幅跳び 田名邊 時生 県大会進出

【女子】

中原 響 女子三段跳び 第3位 11m13 県大会進出

女子4×100mR 第7位 51秒63(間-徳宮-芳賀-中原)県大会進出

女子400m 徳宮 実佑、女子走り幅跳び 中原 響 県大会進出

学校総合体育大会埼玉県大会

【男子】

浅井 駿也 男子400m 第5位 49秒27  男子800m 第6位 1分56秒67 

2種目関東大会進出!!

男子4×100mR 42秒72(大橋-木村-田名邊-浅井) 準決勝進出


 

0

関東大会出場!

5/12(金)~5/15(月)、熊谷市にあるスポーツ文化公園陸上競技場にて、平成29年度学校総合体育大会埼玉県大会が行われました。

そこで、陸上競技部所属の「浅井 駿也(あさい しゅんや)」が、男子400mで5位、800mで6位に入賞し、2種目で関東大会に進出することが決まりました!その他にも多数の生徒が県大会に出場し、入賞こそなりませんでしたが、活躍してくれました。

関東高等学校陸上競技大会は、6/16(金)~6/19(月)、千葉県スポーツ総合センター陸上競技場にて行われます。各種目6位までが全国高校総体(インターハイ)の出場権を得ることができます。陸上競技部員45名も応援に駆け付けます。インターハイ目指して頑張ってきます!


0