志木高で学ぶということ

 本校は新河岸川の流れに見守られ、満開の桜に背中を押される抜群の教育環境にあります。開校46年目を迎え、これまで14千名以上の卒業生を送り出してきました。

 本校は、目指す学校像として「志木高スピリット(立志・言志・続志)の下、高い志を持ち、自分の夢を実現できる学校」を掲げています。生徒一人一人が目標を明確にして、それを実現するために様々なサポートを行い、夢の実現に不可欠な、学習や生活面での自己マネジメント力の育成にも取り組んでいます。

 授業においては、一人一人の学習状況に対応するため、英語と数学において全学年で少人数、習熟度別授業を実施して、きめ細やかな指導を展開しています。今後社会で必要とされる思考力、判断力、表現力や、多様な人々と協働して学ぶ態度を養うため、主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業にも積極的に取り組んでいます。

 また、生徒が社会の一員として自ら考え、判断し、行動できるよう、さまざまな活動を通して地域の方々との関わりを深めていきます。

 今後とも、日々の学校生活を充実させる中で生徒一人一人が志をたて、それを達成していけるように教職員一同全力で努力してまいります。中学生・保護者の皆様、是非本校にいらして、本校の雰囲気と取組を御覧ください。
 校長 大竹 秀明